FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

家族計画 ~絆箱~ 感想

3年前から購入はしていたのですが、『絆箱』であるアップデート版は持っていなかったので未プレイでした。
アップデートの内容は『ヒロインのボイス付』!!

初回の発売時にボイスぐらい、いれようぜ・・・
って思ったけど、13年前のエロゲだし、こんなもんなのかね・・・


この道を歩んできたエロゲーマーなら誰しも聞いたことがあるであろう、エロゲ『家族計画』。
シナリオが田中一(田中ロミオ)氏であり、傑作・良作・神作など色々言われていますが・・・

他人の感想よりも、まずはいっつぷれい!


【あらすじ】
主人公・沢村司はわりと孤高。
家族の温もりも知らぬまま世間の冷たい風に当たってきたせいで、少しばかり排他的な人間に。

そんな司がある日、路地裏で一人の行き倒れの少女を拾った。

チャイニーズ。
言葉も通じない。

司の提唱するところの「最も関わり合いになってはならない」タイプ。
だが司は、その少女……春花と同居生活をする羽目になってしまう。
それをきっかけに、司の周囲に集まる問題ありげな人々。
彼らの共通点は……家族の欠落。
やがてこの集団は余儀なく共同生活を強いられていく。

家族計画―――
それは赤の他人同士が生きるために結束する、互助計画。
モラルも考えも嗜好も異なる、噛み合わない歯車のような彼らの行く末に、果たして幸福はあるのだろうか?


【シナリオ】
まず共通の日常パートですが・・・
正直に言うと『うわ、つまんねぇ・・・』、『あ、今の笑うところか』など、ついていけないところがほとんどでした。
何がそうさせたのかというと、キャラに親しみが持てなかったからが大きな原因ですかね。
好きになれない、むしろテキストを読んでいると嫌いになっていくヒロインばかりで、とても感情移入できなかった。

またネタのパターンが少ない。
寛(父)がボケる→主人公が怒りながらつっこむ→寛が煽る→喧嘩→ヒロインが静止
このパターンばっかりで飽きる。
おまけに内容も下ネタが多く、つまらない。
下ネタはいいのですが、こう頻繁だと低俗で下品に聞こえてきて、自分にはあまり肌に合わなかった。

トドメに言うと、伏線が回収されていないところがかなりあった。
また各ヒロインの攻略時に、別のヒロインのネタバレ発言もあって、不快感極まりない。


な ん だ こ の ク ソ ゲ ー は


ブログの感想でズタボロに言ってやろうと思っていたのですが(もう言ってる
中盤から個別にかけて少しづつ、流れが変わってきた。

たぶん、他の作品だったら
「血は繋がってなくても、俺たちは家族だ!」
とかなんとか言いながら、皆で共同生活していくのですが、この作品は違った。
大きな問題に直面する場面がどのルートでもあるのですが、全てのルートで家族計画は中止となり、皆散り散りになっていきます。
ここら辺が、昨今の王道パターンと違っていて面白かった。

主人公とヒロイン達は社会的弱者なだけでなく、家族に対して強いコンプレックスを抱いている。
家族に裏切られ、家族を必要としない者
家族を必要としているが、それができない者
家族に疎まれるが、諦めない・・・けれど最後には結局切り捨てられた者


ヒロイン達がそれぞれ抱えている悩みは、即席の擬似家族なんかで解決できることは難しい。
本当に解決策に身を投じるのであれば、それはもう擬似家族なんかではなく、本当の『家族』になる必要があるからだ。
けれど皆、それを理解or悟った上で時間の許す限り、協力して寄り添って生きていく。

またプレイしてみて家族計画の本当の意味は「家族愛」ではないと感じた。
同じ辛さや苦しみを味わい、理解し合える者達の「静かな絆・友情」「信頼・許し」といった、細く永く続いていくものだと思った。

現に作中でも主人公は大事な場面で
「家族計画が大事なわけじゃない。ただ俺たちのような社会的弱者はいつも煮え湯を飲まされて、何度でも飲まされて、それがたまらなく悔しい」
と発言している。

そしてEDですが、これがもう何とも言えない終わり方で素晴らしかった!
ほぼ全てのルートで長い期間を経て、高屋敷家族が集合or集合予定する。
高屋敷家族を呼び寄せたものはなんだったのだろう・・・

それは家族計画~絆箱~のタイトル通り、『絆』なのではないだろうか。

辛かった人生の中で、偶然引き寄せられた主人公達。
家族に対してコンプレックスがあった者達が、家族計画によって成長できた。
共に生活しながら喧嘩し、泣きあい、笑いあった。
その騒がしさ、温かしさ、楽しさを懐かしく思えるほどに。

高屋敷家という「箱」で積み重なっていく「絆」。
EDでは各キャラが言葉にしなくても、そういった絆を大切にしている描写があり、「こいつらここまで成長したんだな・・・」と感情移入することができた。


【キャラ】
・高屋敷 真純(たかやしき ますみ) / 板倉 真純(いたくら ますみ)
kazoku1.jpg

結婚詐欺に合いながらも、一人じゃ何もできず、いつも誰かに依存する。
30歳の女性が「だもん」とか「てへっ」とか使いまくるから生理的に受け付けませんねぇ・・・。
最初は流されやすい性格で自己判断ができないこのキャライライラしていた。
だけど家族計画が始まってからは、徐々に年相応の性格になり、中盤以降は母親役として見直せたキャラでもある。
また司(主人公)が火事で死にそうになった時、両手を焼かれながらも木材をどかして助けた場面は良かった。
母強し!

けど俺、人妻属性ないからちょっと・・・(ぇ


・高屋敷 青葉(たかやしき あおば)
kazoku2.jpg

ツンデレと言うにはあまりにも傍若無人すぎます、この人。
シナリオの9割以降に突入して、ようやくデレるキャラなのですが・・・。
共通では本当に暴言ばっかでこれまた俺をイライラさせる・・・。
茉莉が過去の自分と重なり、特に冷たい態度をとるのですが、茉莉ルートではかっこよかった!

まぁ何で茉莉に心を許したのか、茉莉ルートでは説明もとい表現もされていませんでしたね。
ちゃんと各ヒロインのルートごとに伏線は回収して欲しかった。


・高屋敷 準(たかやしき じゅん) / 大河原 準(おおかわら じゅん)
kazoku3.jpg

在学時代に主人公と付き合っていた。
金のためならマリファナの売人したり、淫売もする守銭奴。
主人公も家族計画中にお願いするが「いくらで?」が基本。
一番腹立つキャラでしたね、こいつは・・・。

まぁ原因は自分が育った養護施設を助けるためだと知っても、「やりすぎ」な感じが否めなかった。
「覚醒剤を売ってるなんて皆に軽蔑される・・・だからせめて依存の少ない物(マリファナ)を」(泣きながら

(;゚Д゚)ハァ?

おまけに家族計画のメンバーを裏切って、金のために皆を命の危険に晒すし。
お前なんかエロゲのヒロインと認めない。

しかしシナリオは不覚にも良シナリオだった。
キャラ設定やらシナリオとセリフの矛盾点を改善できていたら、見方が変わったかもしれないキャラ。


・高屋敷 春花(たかやしき はるか) / 王 春花(ウォン チュンファ)
kazoku4.jpg

司が助けた中国人で母を探しに日本へ密国。
ムードメーカーなポジションですね。
本当の母親に会えたものの、理由があって自分が娘であることを告げることができない。
そんな辛いことがあっても笑顔で頑張れる健気なキャラですなー。
汚い日本語を寛に習って、司を動揺させる場面は面白かった。


・高屋敷 末莉(たかやしき まつり) / 河原 末莉(かわら まつり)
kazoku5.jpg

幼女キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!
しかも学園の生活を見るとどう考えても中学1年生ですよ!?
ソフ論からすると18歳以下だという記述がないからおkみたいだけど・・・。
(*´д`*)ハァハァ茉莉たん・・・


kazoku7.jpg
(愛し合う恋人が何をするんか解らない図)

ぐおおおおおお・・・っ!
中○生の破壊力やばい・・・。
ain.jpg


発売された時期のエロゲーマーをロリ魂(ロリコン)に変えたヒロインというのはあながち間違いじゃなかった・・・。

さて、彼女こそこの作品で言われている一番の良シナリオと呼ばれているんですよね。
実際、最初のゲームからPC版のアプデ版も表紙が茉莉でした。
おそらくEDが一番、ユーザーの希望していた展開のEDだったからではなかろうか。


・高屋敷 寛(たかやしき ひろし) / 広田 寛(ひろた ひろし)
kazoku6.jpg

声優がセルとアナゴさんでお馴染みの若本さん。
いやぁ、あのボイスで下ネタやらでふざけまくってるもんだから、なんか新鮮でした。
上記でも記載しましたが、ネタの内容やパターンが個人的には肌に合いませんでしたが、それでも高屋敷家を盛り上げ役で頼れるキャラ!・・・でした。

理由があるとはいえ、途中で計画を投げ出したのは心底がっかり。
「私が始めたからこそ、私が終わらせるのだ」
残った人達のことをもう少しは考えようぜ・・・おまけに前の性格に戻るタイミングも意味不明すぎるし・・・。


【システム】
セーブ数が30で少ない。
過去セリフは見直せるが、ボイス再生できない。
個別ルートにはいって一部のシナリオに変化があるだけなのに、他の変わらないテキストの既読をスキップできない。

今のエロゲ業界が格段に進歩してると実感できたな、おかげで。


【グラフィック】
アップデート版として購入したのに、なんだこの立ち絵の酷さ。
おまけにCGも少ないし質も酷い。
絵師さんも個人的に好きな画風じゃないので、結構きつい。


【音楽】
OPはKOTOKOさんの「同じ空の下で」。


んううぅぅぅぅううううううっっ!!
神曲ですよね!大好きですっ!
KOTOKOさんの曲は色々聞いてますが、この曲は5本の指に入ります。
聴いているだけで、何とも言えない懐かしさがこみ上げてきます!

またBGMも同空をアレンジしたものが2曲ぐらいあり、シーンにあった形で使われていました。
やっぱBGMがいいと、場面への感情移入が3割ほど増すよね!大事!
EDは1種類で「philosophy」。これも中々良かった。


【えっち】
各ヒロインほぼ1回ずつ。
CGのクオリティーも低いし、かなり萎える。全てスキップ。
ただ茉莉だけ何やら長かったので読んでみたら、かなり細かくテキストで表現されていた。
主人公の中○生に対する背徳感などの心情やら茉莉の身体の描写が異常に細かい・・・。

シナリオライターの山田ロミオはロリコンだという噂は本当だったのか。
ありがとう(何


【総評】
社会的弱者な者達が集まって生活していく中で育まれる絆。
そういった繋がりに感動したい人にはおすすめ。
全体のシナリオを見ると良作だけど、伏線の未回収や矛盾点がかなり目立っており、残念なところも。
CGや立ち絵の質も酷く、最初はプレイ中に萎えると思う。
PC版の絆箱は限定15000本しかなく、探すのに苦労するかもなので、PSPの移植版を購入しよう。

総評7/シナリオ8/キャラ6/システム2/グラフィック2/音楽8/H3
Date: 2014.09.20 Category: ゲーム関連  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


FC2カウンター
プロフィール

FlameHew

Author:FlameHew
一般人から疎遠な趣味を持ってますが

「趣味が一つでも当てはまる!」
「こいつとは美味い酒が飲めそう!」
「趣味の話で夜通し語れる!」
「俺と一緒にやらないか」

と感じた方はお茶でも飲みながら見てって下さいっていうか最後は嘘なんで本気にしないで

~好きなもの~
・パチスロ
・麻雀
・エロゲ
・アニメ
・スクフェス

【パチスロ】
実機6台所持しながらも、ほぼ毎日ホールへ通うほど好きでしたが、現在は引退気味。
好きだけど貯金のために安定した生活を目指します。

【麻雀】
リアルもネットも好き
天鳳では五段

【エロゲ】
エロゲ歴は10年なんでそこそこ知ってる方かも
100作品ぐらいはコンプしてますが、積みゲもあって消化不良・・・

好きな作品は
『グリザイアの果実』
『サナララ』

【アニメ】
今は気になるのだけしか視聴してません。
ラノベ枠以外であれば好んで見る傾向
好きな作品は
『宇宙兄弟』
『うたわれるもの』
『ラブライブ』

【スクフェス】
イベは基本的に走ります
大体10000~30000位
押しイベは3桁入ってます


ブログの更新は放置気味ですが、Twitterは毎日ログインしてます。
ゆっくりしていってね!

連絡先はこちら
Titter「@goro_mata」
メール「goromataniisann@yahoo.co.jp」

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
RSSリンクの表示
RSSリンクの表示
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ソフトハウス様
あかべぇそっふとつぅ 戯画 ムーンストーン リリアン すたじお緑茶 LASS ランプオブシュガー しゃんぐりら FLAT ういんどみる ぱじゃまソフト フロントウィング minori CIRCUS オーガスト ハイクオソフト ゆずソフト
応援バナー
あま*カル合同バナーキャンペーン開催中! あま*カル合同バナーキャンペーン開催中 あま*カル合同バナーキャンペーン開催中 あま*カル合同バナーキャンペーン開催中 Magical Charming! 応援中! Magical Charming! 応援中! Magical Charming! 応援中! Magical Charming! 応援中!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。